スーパーじいちゃん

好きなゴルフを好きなだけ世界中のゴルフ場で体験して見たいという夢を抱いた爺ちゃんのブログ。 ましては、その土地に暮らして出来るのなら、最高ですね。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の旅#1

9月半ば尖閣諸島問題で関係が悪化し国内で反日デモや日本企業への反発が強まる中、友人達は「危険だからやめたほうがいいよ」「今行かなくても もう少し落ち着いてからにすれば」とか、またかみさんは「バカじゃないの。何考えてるの」て言うし、様々な忠告や非難を受けながら8泊11日の敦煌・西安の旅へ出掛けました。

小生自身、中国語講座の先輩諸氏と3人組で行くのは今回で3回目です。

最初が黄山・南京・紹興、2回目が洛陽・開封で今回が敦煌・西安です。
2012蟷エ9譛井クュ蝗ス謨ヲ辣後・隘ソ螳峨・譌・016_convert_20121028215322

いつもながら、下関からオリエントフェリー27時間かけて青島まで行き、後はガイドなし、ホテルや切符予約なしの旅です。

旅を重ねるごとにエキサイティングでスリル満点の旅、味しめてしまいました。

午後6時頃タクシーで青島空港に着いたその場で、次の目的地の情報を得るためインフォメーションデスクの小姐に敦煌行きの飛行機の有無を問い合わせするも相変わらず、「没有(ない)」の一言 中国の小姐 愛想がない。

仕事に疲れてるのか笑顔もなく突っけんどんだ。

まったく、可愛い顔して何がつまらないのかな~~といらん心配。(これが中国では普通なのよと先輩諸氏。)

青島から約3000KM離れた敦煌へは、直行便がないのでとりあえず西安まで行くことに。

(ちなみに、青島から敦煌は日本地図で言うと沖縄から北海道の外れまでの距離だ。)

午後9時50分発の西安行きのチケットを確保し青島空港内でウロウロし時間を過ごす。
2時間のフライトで西安空港に午後11時55分着、そこからリムジンバスで約1時間西安の鉄道駅についたのは深夜の1時過ぎ。
2012蟷エ9譛井クュ蝗ス謨ヲ辣後・隘ソ螳峨・譌・021_convert_20121028215526



ホテルを探すのは問題ないが、寝台列車があればそれに乗って出来るだけ敦煌に近づこうとする。
そうするとホテル代も浮くし、時間も節約できる。

一挙両得てことで全員一致。


切符の窓口へ、毎回の事ながら、切符を買うのに長蛇の列。
深夜の窓口は5~6箇所あるのだが、その1列に2~30人並ぶので少なくても購入までに早くて3~40分
誰か戸惑うと1時間近くかかる。

日本と違うのは、事前に希望日時、行き先、列車のグレード等々を書く用紙がなく全て口頭で駅員とのやり取りで行う。_
お客もお客で、今日がダメなら明日、明日がダメなら明後日と極力早くて安い便を選ぼうとする。

希望する切符全てが「ありません」と言われるとまたいちから最後尾まで並んで取り直さなければならない。
これだけは誰しも避けたいよね~~~。だから誰も必死に食い下がる。。。

では我々はどうやって切符を取るかというと、実はこれが一番大変なのだ。

詳しく書くと、まず構内にある電光掲示板の時刻表を見ながら2~3候補探す。

電光掲示板は東西方向と南北方向が順次流れてくるので見逃さないようメモを取る。
(地図でしっかり自分たちの行くべき方向の終着都市名を認識する必要がある。)

割と早めに流れるので3人で必死に見るも見落とすと大変また出てくるまでに5~7分位時間がかかるのだ。

メモに取った候補2~3件を日付、どこからどこまでの行き先(買った駅が乗る駅とは限らないから)列車番号(特急、快速、普通等)出発時間、席の種類(1等、2等とか寝台なら上、中、下段)それに枚数等を書いたメモ用紙を窓口係員に出す。

それを見て係員がパソコンに打ち込み確保出来た切符を客側に向いているパソコン画面で確認させる。
OKなら料金とパスポート(中国人は身分証明書)を出し発券してもらう。

中国の鉄道の長距離切符には必ず中国人なら名前、日本人ならパスポート番号が記載されている。
8号車1番の上段 2等寝台 上段 料金164元(2132円) エヤコン付き TK・・はパスポート番号
ちなみに、下段は175元(2275円)大差ないな~
2012蟷エ9譛井クュ蝗ス謨ヲ辣後・隘ソ螳峨・譌・034_convert_20121028224619


第一候補で確保できれば良いのだが、第2、第3となるとすぐ5~8時間待ちになるので大変なのだ。

我々が取れたのは蘭州まで(西安⇒蘭州約500km)
ホテル代浮いたよね。。。

西安午前3時58分発なので3時間ほどの時間待ちで次の都市蘭州へ行く前に腹ごしらえをする事に。
さすが中国、大きな都市では24時間営業のお店が駅近辺には沢山ある。
ケンタッキーにモスバーガー等の外資系に地元の食堂。

我々3人は中国菜好みなので地元の食堂でビールと定番の水餃子に他1~2品
何処も安くてそこそこ美味いので、地元食堂は外せませんな。。。

満を侍し夜食を食べ待合室で列車を待つがいっこうに来る気配なし。

やっと約1時間遅れで来た。
午前5時蘭州出発の寝台車に乗るも2時間も経つと夜が明け周りが騒がしく落ち着いて寝てられない。
ホテル代を倹約してもこれじゃ疲れるわ。。。
013_convert_20121028224223.jpg
このステップ寝台上段及び中段に上がるための階段代わりです。
梯子じゃないので、寝台掴んで必死に上段に上がらねばなりませんぜ。

車内の洗面所で顔を洗い8時頃来た車内販売の駅弁が朝食。

お粥とマントウそれに温野菜、美味くないが他に食べるものがない。
お粥にあずきの粒が入っていて、暖かいが味がない。塩でも醤油でも入れたい気分だがそんなものはない。
仕方なくスプーンで口へ何度も運ぶが、美味くないものは美味くないといっても、空腹には耐えられない。

人間空腹になると何でも食べられる事を実感したのだ。

3段ベットの上段でうたた寝したり3人で話をしていると12時半過ぎに蘭州に着いた。

やっと敦煌まで3/4くらいまでたどり着いた。

蘭州から飛行機が取れれば良いのだが。。。

次回につづく
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤッチャイナ

Author:ヤッチャイナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。