スーパーじいちゃん

好きなゴルフを好きなだけ世界中のゴルフ場で体験して見たいという夢を抱いた爺ちゃんのブログ。 ましては、その土地に暮らして出来るのなら、最高ですね。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の旅#2

徹夜明けで乗った寝台列車が昼過ぎに蘭州駅に到着。

ここ蘭州は、シルクロード河西回廊の入口で街の中央に黄河が流れている。
2012蟷エ9譛井クュ蝗ス謨ヲ辣後・隘ソ螳峨・譌・040_convert_20121103213801



昼食は道端で焼き芋を買い食べた。
これが実に安くて美味い。女性なら堪らんでしょうな
2012蟷エ9譛井クュ蝗ス謨ヲ辣後・隘ソ螳峨・譌・045+(2)_convert_20121028220617
046_convert_20121103215205.jpg
焼き芋をほうばりながら、我ら3人組は目的地の敦煌に行くため蘭州市内地図を駅前で買い、市内バスで東方航空事務所に行き当日敦煌行き航空券を探してもらう。

さすが大手航空会社、街の旅行会社とは違いテキパキと早い。
17時30分発のチケットを確保。

それにしても、蘭州⇒敦煌の2時間航空券1560元(20280円)はバカ高いな・・・

青島⇒西安が所要時間同じくらいで530元(6890円)

西安⇒蘭州の7時間半乗った寝台車で下段が175元(2275円)小生の乗った上段が165元(2145円)

敦煌に行く便数が少ないからかなあ~~。

そんなことを話しながらも流石に徹夜で過ごした3人の爺様達にも疲労の色が濃く滲んでいる。

相変わらず、蘭州空港で出発は1時間遅れ

こんなお姉さんも暇つぶしにちゃっかり電源確保してパソコン中
2012蟷エ9譛井クュ蝗ス謨ヲ辣後・隘ソ螳峨・譌・053_convert_20121028221323

蘭州から2時間のフライトでやっと第一目的地敦煌に到着。

それにしても、敦煌まで長いし遠いわ!!!!

青島を出発してから、飛行機で2時間深夜に西安に到着。
西安から寝台車で7時間半かけて蘭州へ、更に飛行機で2時間色々合わせると2日かけて、
やっと敦煌到着だ。。。。
059_convert_20121103223200.jpg

この空港は、飛行機から降りて徒歩でターミナルビルへと向かう。

夜8時半 ここから1時間ほどリムジンバスに乗り敦煌市内までもうひと踏ん張りだ。




関連記事

ラウンドレッスン

今日はNobu会長と博多のKちゃんの2人の名コーチ付きでラウンドレッスン会を開いてもらいました。
技術論に精神論と盛り沢山。

ラウンド途中に忘れてはいけないので、スコアカードの裏に次々とメモを取らせていただきました。
Image182.jpg

ラウンド終了後には苦手のバンカーショットの練習まで見てもらい、欠点と対処方法を伝授頂き
なんとか脱出出来るようになりました。


小生のバンカーショットをじっくり見ていた両コーチによると、総体的に悪い所は上体が左右と上下に揺れているで、ヘッドが抜けず振り切れないのと、もう一つ左手グリップ 左腕(左サイド)が硬いので動きにブレーキがかかって振り抜けないのが原因ですと。

上下に揺れると右サイドが下がりダフリになりそれを嫌がって今度は手首を使ったすくい打ちになる。

それがバンカーだとなおさらヘッドが深く突き刺さり抜けずに脱出できないの繰り返し。。。


左サイドの件は、以前から会長に言われていた事なのですが、ヘッドがしっかり前に出ず大した改善になっていませんでした。


更に、アプローチもご指導頂き大変参考になりました。

精神論では、ミスった後の気持ちの持って行き方、切り替え方やコース戦略等々まで。

これだけ懇切丁寧に教えてもらったので、後はどれほど練習して身に付け結果でご恩返しが出来るかです。

当分ゴルフの練習漬けで春までには何とかしたいものです。

忙しい最中、
両コーチ、本日は大変ありがとうございました

また、途中経過を見て下さい。その後でやりましょう・・・

よろしくお願いします。


関連記事
*CommentList

中国の旅#1

9月半ば尖閣諸島問題で関係が悪化し国内で反日デモや日本企業への反発が強まる中、友人達は「危険だからやめたほうがいいよ」「今行かなくても もう少し落ち着いてからにすれば」とか、またかみさんは「バカじゃないの。何考えてるの」て言うし、様々な忠告や非難を受けながら8泊11日の敦煌・西安の旅へ出掛けました。

小生自身、中国語講座の先輩諸氏と3人組で行くのは今回で3回目です。

最初が黄山・南京・紹興、2回目が洛陽・開封で今回が敦煌・西安です。
2012蟷エ9譛井クュ蝗ス謨ヲ辣後・隘ソ螳峨・譌・016_convert_20121028215322

いつもながら、下関からオリエントフェリー27時間かけて青島まで行き、後はガイドなし、ホテルや切符予約なしの旅です。

旅を重ねるごとにエキサイティングでスリル満点の旅、味しめてしまいました。

午後6時頃タクシーで青島空港に着いたその場で、次の目的地の情報を得るためインフォメーションデスクの小姐に敦煌行きの飛行機の有無を問い合わせするも相変わらず、「没有(ない)」の一言 中国の小姐 愛想がない。

仕事に疲れてるのか笑顔もなく突っけんどんだ。

まったく、可愛い顔して何がつまらないのかな~~といらん心配。(これが中国では普通なのよと先輩諸氏。)

青島から約3000KM離れた敦煌へは、直行便がないのでとりあえず西安まで行くことに。

(ちなみに、青島から敦煌は日本地図で言うと沖縄から北海道の外れまでの距離だ。)

午後9時50分発の西安行きのチケットを確保し青島空港内でウロウロし時間を過ごす。
2時間のフライトで西安空港に午後11時55分着、そこからリムジンバスで約1時間西安の鉄道駅についたのは深夜の1時過ぎ。
2012蟷エ9譛井クュ蝗ス謨ヲ辣後・隘ソ螳峨・譌・021_convert_20121028215526



ホテルを探すのは問題ないが、寝台列車があればそれに乗って出来るだけ敦煌に近づこうとする。
そうするとホテル代も浮くし、時間も節約できる。

一挙両得てことで全員一致。


切符の窓口へ、毎回の事ながら、切符を買うのに長蛇の列。
深夜の窓口は5~6箇所あるのだが、その1列に2~30人並ぶので少なくても購入までに早くて3~40分
誰か戸惑うと1時間近くかかる。

日本と違うのは、事前に希望日時、行き先、列車のグレード等々を書く用紙がなく全て口頭で駅員とのやり取りで行う。_
お客もお客で、今日がダメなら明日、明日がダメなら明後日と極力早くて安い便を選ぼうとする。

希望する切符全てが「ありません」と言われるとまたいちから最後尾まで並んで取り直さなければならない。
これだけは誰しも避けたいよね~~~。だから誰も必死に食い下がる。。。

では我々はどうやって切符を取るかというと、実はこれが一番大変なのだ。

詳しく書くと、まず構内にある電光掲示板の時刻表を見ながら2~3候補探す。

電光掲示板は東西方向と南北方向が順次流れてくるので見逃さないようメモを取る。
(地図でしっかり自分たちの行くべき方向の終着都市名を認識する必要がある。)

割と早めに流れるので3人で必死に見るも見落とすと大変また出てくるまでに5~7分位時間がかかるのだ。

メモに取った候補2~3件を日付、どこからどこまでの行き先(買った駅が乗る駅とは限らないから)列車番号(特急、快速、普通等)出発時間、席の種類(1等、2等とか寝台なら上、中、下段)それに枚数等を書いたメモ用紙を窓口係員に出す。

それを見て係員がパソコンに打ち込み確保出来た切符を客側に向いているパソコン画面で確認させる。
OKなら料金とパスポート(中国人は身分証明書)を出し発券してもらう。

中国の鉄道の長距離切符には必ず中国人なら名前、日本人ならパスポート番号が記載されている。
8号車1番の上段 2等寝台 上段 料金164元(2132円) エヤコン付き TK・・はパスポート番号
ちなみに、下段は175元(2275円)大差ないな~
2012蟷エ9譛井クュ蝗ス謨ヲ辣後・隘ソ螳峨・譌・034_convert_20121028224619


第一候補で確保できれば良いのだが、第2、第3となるとすぐ5~8時間待ちになるので大変なのだ。

我々が取れたのは蘭州まで(西安⇒蘭州約500km)
ホテル代浮いたよね。。。

西安午前3時58分発なので3時間ほどの時間待ちで次の都市蘭州へ行く前に腹ごしらえをする事に。
さすが中国、大きな都市では24時間営業のお店が駅近辺には沢山ある。
ケンタッキーにモスバーガー等の外資系に地元の食堂。

我々3人は中国菜好みなので地元の食堂でビールと定番の水餃子に他1~2品
何処も安くてそこそこ美味いので、地元食堂は外せませんな。。。

満を侍し夜食を食べ待合室で列車を待つがいっこうに来る気配なし。

やっと約1時間遅れで来た。
午前5時蘭州出発の寝台車に乗るも2時間も経つと夜が明け周りが騒がしく落ち着いて寝てられない。
ホテル代を倹約してもこれじゃ疲れるわ。。。
013_convert_20121028224223.jpg
このステップ寝台上段及び中段に上がるための階段代わりです。
梯子じゃないので、寝台掴んで必死に上段に上がらねばなりませんぜ。

車内の洗面所で顔を洗い8時頃来た車内販売の駅弁が朝食。

お粥とマントウそれに温野菜、美味くないが他に食べるものがない。
お粥にあずきの粒が入っていて、暖かいが味がない。塩でも醤油でも入れたい気分だがそんなものはない。
仕方なくスプーンで口へ何度も運ぶが、美味くないものは美味くないといっても、空腹には耐えられない。

人間空腹になると何でも食べられる事を実感したのだ。

3段ベットの上段でうたた寝したり3人で話をしていると12時半過ぎに蘭州に着いた。

やっと敦煌まで3/4くらいまでたどり着いた。

蘭州から飛行機が取れれば良いのだが。。。

次回につづく
関連記事

うまい中華屋さん

今日、お昼前宇部からの帰りに目に入った台湾料理の看板。
早速かみさんと昼食を取ることに。

従業員のお姉さんも料理人も本物の中国人OR台湾人しっかり中国語が飛び交っていました。

日替わり定食680円とあり 小生野菜炒めでかみさんはエビマヨを注文したところ

「ラーメンはどの種類がいいですか?醤油、豚骨、塩、台湾ラーメンあります」って。
ラーメンまでついてるの?

「じゃ、醤油と塩でお願いします。」

出てきたラーメンは半分じゃなくどんぶり一杯の普通サイズのラーメンそれにメインのおかずとサラダ、肉団子2個に杏仁豆腐、ご飯おかわり自由。。。
Image180.jpg


味は野菜炒めは塩加減が全く台湾風で絶品、エビマヨも結構大きいし しかも量もある。

中国通の小生にはこれは癖になりそうです。
Image181.jpg


同じくかみさんも、「台湾で食べた野菜炒めの味と大差ないわね。美味しい」

これで680円なら絶対お勧めです。

場所は埴生のみちしお隣のお店ですお近くの方一度お試しになって見ては如何ですか。


関連記事
*CommentList

連荘ゴルフも?

20日ぶりに実践 土曜日の研修会と日曜日の月例会に参加しました。
会長から特訓を受けそれなりに練習をこなし挑みましたが、結果は惨敗。。。

研修会はドラはドスライス、アイアンはダフリかカットスライス。

残るアプローチ、パターにかけるも寄らず入らずでボギーの行進。

ボギーも我慢の限界を超えるとOBとなりスコアが将棋倒しのように崩れていく。

何とかせねばと思いながら自分の良いパフォーマンスが出せないまま終了。

研修会 西46-東46 P35 の92点

情けないスコアだが、他でもない自分のやったことだ。

髟キ蟠弱€€譁吩コュ莠瑚ヲ区律蟶ー繧頑羅陦・004_convert_20120827174306


翌日の月例会こそ昨日の反省を生かし納得の出来るプレーをしようと心掛けるが、そうはうまく行かないよね。

なんとかスコアに拘り、どんな汚い手を使ってでもパーを拾い我慢しようとするとパターが入らない。

なんとか2パットで逃げようとすると手が動かない。

折角ながとむらさんから紹介を受けたパターの教本通りにして来た練習も生かされず3パットの連続
挙句にはかっとなって30cmを外し4パットも

月例会 南46-西47 P40 93点

返り討ちに会いました。

全般的に悪い時よりやるべきテーマがハッキリして来ました。

しっかり球を見て最短にヘッドをボールにぶっつけフィニッシュまでヘッドの動きを邪魔しない体の動きをする。
文章に書くと単純なんですが、脳の命令が厳しくて動きません。
髟キ蟠弱€€譁吩コュ莠瑚ヲ区律蟶ー繧頑羅陦・001_convert_20120827174122


追い込み過ぎかも知れないが、ここを乗り越えねば折角の会長の熱い指導に報いることは出来な~~い。

体のあっちこっち痛いけどもう少しがんばりますか。


関連記事
*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

ヤッチャイナ

Author:ヤッチャイナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。